ゼニカルは脂肪を体内に蓄積させる作用のあるリパーゼを阻害し吸収を防ぎます。脂肪分を強制的に体外に排出することで太りにくくすることができます。様々なダイエット方法とゼニカルを組み合わせ劇的に痩せる方法を伝授します。

  • ホーム
  • ゼニカル服用とおすすめしたい低糖質メニュー

ゼニカル服用とおすすめしたい低糖質メニュー

多くの薬の種類

ゼニカルは膵臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して、脂肪分解を防ぐことでカロリーカットする薬です。
FDA(アメリカ食品医薬品局)でも認可されている肥満治療薬で、日本では病院処方が基本になっています。

ゼニカルは食べた脂肪の分解を防ぐ力はありますが、炭水化物とタンパク質のエネルギーはそのまま吸収されます。
タンパク質は体を作る源になりますが、糖質は脂肪の源になるので、ダイエット目的ならば控えたい栄養素です。

ということは、ゼニカルの効果を最大限に発揮させるには、糖質を抑えたメニューがおすすめということになります。
ダイエットでは、空腹感を感じさせないこと、ストレスを溜めないこと、が成功させる秘訣です。
タンパク質と脂質をしっかり摂ると、糖質のみを多く摂取した時よりもお腹が減る速度を遅くすることが出来ます。

おすすめメニューとしては、肉、魚、卵、などは低糖質なので、脂質のカロリーをカットできるゼニカルにおすすめのメニューです。
これらの食品には良質なタンパク質が含まれているので、筋肉を落とさずにダイエットすることが出来ます。

他には、豆腐なども良いです。
小豆やそら豆は糖質が多いですが、納豆や豆腐などの大豆食品は糖質が少ないのでおすすめです。
ご飯の代わりに豆腐を食べるようにしても良いでしょう。
豆腐ならば、絹よりも木綿豆腐の方が糖質が少ないです。
肉ならば、あっさりと塩や胡椒で焼くのがベストです。
鍋や焼肉などがおすすめです。
すき焼きなどは砂糖やみりんが含まれているので、糖質が多くなってしまいます。
同じ肉を使ったメニューでも、調理の方法によって糖質の量は大きく変わってくるので注意しましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧