ゼニカルは脂肪を体内に蓄積させる作用のあるリパーゼを阻害し吸収を防ぎます。脂肪分を強制的に体外に排出することで太りにくくすることができます。様々なダイエット方法とゼニカルを組み合わせ劇的に痩せる方法を伝授します。

みどりの薬

ゼニカルは肥満の改善に効果があるとされているお薬で、主成分であるオーリスタットには胃腸の中に存在する脂肪分解酵素のリパーゼの働きを抑制する効果があります。
そのため食事でとった油分や脂肪分が腸で吸収されるのを減らすことができ、速やかに体外に排泄するように促すことができます。
ゼニカルを服用することによって、普通に食事を取っても体内に余分な脂肪を吸収する心配がなく、辛い食事制限や激しい運動などを行わなくてもダイエットを行うことができます。
基本的にゼニカルは1回1錠を1日に3回まで服用することができます。

効果的な飲み方としては、食事と一緒に摂取することで、リパーゼの働きを抑制することができるので食事の前ではなく、食事の最中または食後すぐに水などで服用するのが良いです。
特に、ゼニカルは脂肪酸に働きかける特徴があるので、脂肪の摂取量にあわせてゼニカルを摂取するのも効率的です。
食事をしない時や脂肪の摂取量が少ないと言う場合には接種しなくても大丈夫ですが、食間や空腹時に服用するのは避けましょう。

また飲み忘れてしまったという場合には食後1時間以内であれば、効果を得ることができます。
飲み忘れてしまったからと言って倍の量を服用したりすることは避けましょう。
ゼニカルを服用している期間はその効果を持続させることができますが、一般的に効果を実感できるのは2週間ほどが目安とされていて、服用を始めてから3週間ほどで体重の減少がみられるようになる人も多いです。
そのため気長に継続することが大切で、効果を焦って過剰に摂取するのはよくありません。
まれに副作用で胃腸の膨満感や軟便、下痢などが起こることがあります。
症状が続く場合は服用を中止して気になる場合には病院で診察を受けるようにしましょう。

記事一覧
多くの薬の種類

ゼニカルは膵臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害して、脂肪分解を防ぐことでカロリーカット...

嬉しく食べている男性

肥満の原因は人により違いますし、自分に適したダイエット法も異なるものです。 糖質を摂りすぎている方は...

多くのカプセルと葉

日本でも知られているゼニカルは、脂肪吸収阻害剤として肥満解消や予防にも役立っています。 ゼニカルとい...

食べている男性

肥満治療薬として病院で処方されているゼニカルは、通信販売でも購入できます。 個人で購入する場合には、...